スケートを滑る前のストレッチ

華麗なるフィギュアスケート雑談
スポンサーリンク

 

今回はスケートをする前にしてほしい最低限のストレッチについての話です。

遊びやレジャーで来られている人に、大きな怪我をしないためにも軽くでもストレッチしてほしいなと思います。

 

 

最低限してほしいのは足首・手首・膝・首のストレッチ

 

スケートを滑るのが初めてという人、何回か滑ったことがあるという人もやってほしいのが、
この足首と手首と膝と首のストレッチ

ストレッチというか準備運動ですね(^^)

靴を履いたままのほうが靴にも慣れると思いますので、靴を履いたままやってみてください。

 

 

①屈伸運動

みなさん学校で習ったと思いますが(笑)、膝と足首をしっかり曲げるということに意識をしてやってみてください。

スケートを安定して滑るためには(後ろに転ばないためには)膝と足首をしっかり曲げる必要がありますので、曲げることをしっかり意識してください。
滑るときは上から見て靴が隠れるぐらい膝を曲げると安定しますので、この屈伸運動でしっかり曲げるということを体に教えてあげてください。
足首は靴が足首までホールドされているので曲げにくいと思いますが、ここは頑張って曲げようとしてください。

 

 

②首回し

これも体育で習ったと思いますが(笑)、軽く首回してください。

こけた時に首の筋を痛めないようにします。

 

 

③手首・足首回し

これも(以下略

あと、手首を伸ばすストレッチもすると良いですね。
手を反対側に押さえて筋を伸ばしてください。
後ろにこけて、手をついた時にここの筋を痛めがちなので手首もストレッチして柔らかくしてあげてください。

 

 

 

最低限でも上記の3つのストレッチ・準備運動をすると、こけても大怪我につながらない可能性が高くなりますので、早く滑りたい気持ちを少し落ち着けて(笑)ちょこっとでもやってもらえたらな、と思います(^^)

 

あと滑り終わったあとも屈伸運動などちょっとでもやると、その後の疲労感が全然違いますので終わったあともストレッチやった方が良いですよ(^^)

 

 

初心者ではなく、習ってたりする人は体全体のストレッチが必要になると思いますが、私はこのバレエの本に載ってるストレッチを参考にしてます。



リンクで出来ないようなストレッチ(床に座って足広げるとか)はおうちでやってから行きます。
よく忘れるけど(;´∀`)

 

滑る前に軽くランニングをされてる方もおられますね。

しっかり体をほぐしてから氷に乗るのと乗らないとでは、練習の質が全然変わってくるなと私は感じました。

特に私なんかは氷に乗るのが週に1回、多くて2回なので、氷に乗ってから感覚を取り戻すのに時間がかかります。
その時間の短縮にもなってる気がします。

 

フィギュアスケートって1日休むと取り戻すのに3日かかると言われているスポーツなんです。
それが1週間2週間も空いたら…(;´∀`)

何時間も練習出来る体力は私にはないので、いかに短時間で感覚を戻すかが勝負になってきます。
早くて30分ぐらいで大体返ってきたり、1時間だったり、返って来なかったり(笑)しました。

何組かのアイスダンスの選手はシーズン中は全く休みがないと言っておられました。
(ダンスはスケーティング勝負なので余計そうなのかも)

 

 

 

結局何が言いたいのかというと、

スケートもスポーツなのでしっかり準備運動して怪我無く楽しんでください。

ってことです(*´ω`)

 

 

 

コメント