基本の片足スピン

華麗なるフィギュアスケート雑談
スポンサーリンク

 

私もまだまだ練習中の片足スピンです。

最初は両足スピンをまず練習するのですが、実は片足の方が軸が取りやすかったりします。

軸というのは体の軸ですね。
足先から頭までのラインです。これを腹筋、背筋を使って真っすぐに保たないと回ってもよろけてしまいます。



右利きの人は左回りになりますので、左足を軸にバックインに乗ります。


体を左、右にひねって勢いをつけて右足で漕ぎ左に回ります。

回りだしたら左足バックインに乗り、右足と両手は外に広げてから一気に締めます。


スピンが回る仕組みとして、

大きな円→小さな円→1点

とパワーを段階的に中心に集めることによってスピンは回ります。


最初の勢いも必要ですが、案外勢いなくてもこの仕組みどおり体を動かせば自然と回ります。

後は軸足のポイントに乗り続ける体幹があれば回り続けられます。(これが難しい泣

ヘタッピな絵だな(;´∀`)


そもそも初めはこの右足を広げるのが難しかったりします。
バック滑走しながらこの足と手の動きを練習すると良いと先生に教わりました。

 

私は回ってもトゥがガリガリいってしまって止まっちゃうので、まだ乗るポイントが見つけられていません…
というか乗り続けれない…
腹筋…背筋…
そして目が回る(@_@)

先生にはおへその下に力入れて!!と言われました。

丹田ってところですね。(町田樹くんの解説でこの言葉を知りました笑



 

樋口先生が監修されてる「フィギュアスケート 美のテクニック」という本にこういった基本のスピンや技の解説が載っています。

見る専門だという方も観戦するにあたって役に立つ本だと思いますので、良かったら手に取ってみてください。

この本のモデルが太田由希奈さんなんですが、私由希奈さんにファンレターを書いたことがあるぐらい彼女の大ファンです。
彼女はどの場面を切り取っても、どの角度から見ても美しいスケートをされます。
コーチ業に専念するということで、残念ながら現在はプロを引退されておられますが、この本の写真でもその美しいスケートが載っていますので、ぜひそちらにも注目してみてください。

 

 


フィギュアスケート 美のテクニック

 

コメント