アイススケートをするのに必要なもの~持ち物編~

華麗なるフィギュアスケート雑談
スポンサーリンク

アイススケートに行くときの持ち物

 

アイススケートをするのに必要なものをご紹介しようと思います。



スケート競技はフィギュアスケート、アイスホッケー、スピードスケートの3つに分かれるのですが、本格的な競技ではなくただ滑るだけでもスケートって楽しいです。


まず氷の上に乗ること自体非日常で、その分難しさもあるんですけど、滑っている時の爽快感はほんとにたまらないです(*´ω`)


全身の筋肉を使うので運動としても最適です。
インナーマッスルが鍛えられます。
私はスケートをし始めてからお尻がキュッと引き締まりました。

 

 

ぜひ少しでも滑ってみたいと思う方はとりあえず近くのスケートリンクにレッツゴーです。
貸靴代込みで2千円ぐらいで滑り放題です。

 





ではアイススケートを楽しむための必須アイテムをご紹介します。



手袋

滑る際に必ず必要です。
これさえあればとりあえず滑ることはできます。
手袋なしだと滑らせてもらえないので持参して行くか、リンクで500円ほどで売られているのでそちらを購入してください。



足首までの靴下(またはタイツ)

スケート靴は足首まであるブーツみたいな靴です。
足首までしっかりホールドされるので、足首まである靴下かタイツで足首を覆ってください。
くるぶしソックスとかだと足首がすれて痛くなります。
ズボンは靴の中に入れず、外に出すほうがしっかりホールドされるので良いと思います。

 


必須のものはこの2点ぐらいですかね。


あれば便利なグッズ



ニット帽

転倒した際に後頭部を守ってくれます。
リンクにヘルメットがあるのでそれをかぶってもよし、髪の長い人ならポニーテールやお団子にしても良しです。

ヘルメットなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、大人が後ろに転ぶと転び方によっては後頭部を打ちます。
相手は固い氷なのでめちゃくちゃ痛いです。下手したらそのまま病院行きです(;´・ω・)
怪我無く楽しむために、初心者の人は帽子かヘルメットか髪をくくるかして後頭部を守ってほしいなと思います。

ちなみに私はポニーテールにするかハーフアップにしています。


後頭部はなんとしても守ってください(`・ω・´)

 


替えの靴下

滑っていると靴の中で汗かいてきます。
終わったころにはいい感じに湿っているので、替えの靴下があればスッキリした足で帰ることができます。
デートで行く人はトイレか更衣室でこっそり替えてください。笑



ウルトラライトダウンなどの防寒具

スケートリンクは氷が張ってありますので基本寒いです。
冷蔵庫かリンクによっては冷凍庫ぐらいの温度です。
あと寒がりな人はカイロも持って行くと良いですね。



お菓子
リンクサイドで休憩中に食べれるものがあると休憩時間も楽しくなります。
チョコレートは体を温める効果があるのでチョコレートおすすめです(*´ω`)
リンクでホットスナックやペットボトルジュース、お菓子が売られていたりするのでそちらを利用しても良しです。
アイスクリームの自販機があるリンクもあったのですが、寒いリンクでアイスなんか食べたくないよ~(;´∀`)って思ってましたが帰りにはなぜか無性に食べたくなり、食べながら凍えながら帰りました。美味しかったです。笑





あとは楽しむ心があれば楽しいスケートの時間を過ごせると思います。



スケートリンクによっては初心者のためのちょっとしたレッスンがあったりするので、これに参加するのも良いと思います。

きちんとした先生に教えてもらったほうが上達が早いですしね(*´ω`)

 

 

日本スケート連盟のHPに靴の履き方や注意点が書いてありました。

ページが見つかりません
こちらのページは公益財団法人 日本スケート連盟のJSFについて に関するページです。




服装編はこちら
https://blog-stepsequence.com/iceskate-fashion/



コメント