アイスダンスレッスン・フィエスタタンゴ

スポンサーリンク

こんにちは。
まゆこです。

今回のアイスダンスのパターンは、「フィエスタタンゴ」です。

 

キャナスタタンゴと同じく、逆キリアンで組みます。(女性が左、男性が右)

このパターンでは、クロスビハインドシャッセと、男女同時モホークターン、バックランからクロスしてフォアインが入ります。

画像のパターン表より要点を抜き出し

  • ⑥クロスロールして左足を抜かずに、クロスした状態のまま左足シャッセ
  • ⑧4拍のスイングロールから、⑨その足のままアウト→インにチェンジエッジ
  • ⑨インサイドモホークは、ワン・ツーのリズムで
  • ⑫からのバックストロークはしっかり2拍ずつ滑る
  • モホーク後のバックストローク中は、上半身は円の中を向いたままの姿勢

滑るところはしっかり滑って、シャッセなどのステップはキビキビと、メリハリを付けて滑ります。

フィエスタは、柔らかくてかっこいいタンゴですね(*’ω’*)

 

クロスロールからのシャッセが、ついつい左足を抜いてしまいがちなまゆこです。(それただのクロスロールや)

スイングロールからの右足インサイドチェンジエッジを忘れて、左足ストロークしがちなまゆこです。(パートナー蹴る気)

モホーク後からの2拍ずつのバックストロークで、2拍待ちきれずに先生(パートナー)を困らせがちなまゆこです。(音楽を置いていくスタイル)

 

しっかりパターン覚えようね!!!

(行きつく先はやはりココ)

 

フィエスタタンゴのインサイドモホーク直後のフリーレッグは閉じたまま。

スイングダンスのモホークはフリーレッグ開くので、モホークでもいろいろパターンがあるのだなと。

モホークの2拍で、焦り、気持ちのはやりみたいなものが出てしまって、そこからの2拍ずつのストロークが焦ったまま…といった感じになってしまいます(;´・ω・)

ステップ⑮⑯のバックイン→クロス→フォアインも同じく2拍待てません…

どうやらフォアインで大きく前に出ようとすると右に体重が傾き、2拍待てない状態になるようです。

なので、前に出るというより、単に足を置くぐらいの意識をするのがポイント。だそう。

 

しっかり伸ばす(滑る)ところは伸ばす。

決めるとこはビシッと決める。

かっこいいフィエスタタンゴが滑れるように頑張ります。

コメント