【マイシューズ】フィギュアスケート靴のお手入れ【研磨】

スポンサーリンク

こんにちは。まゆこです。

マイシューズを手に入れたら、滑るたびにお手入れをしてあげましょう。

特にエッジは錆びやすいので、注意が必要です。

スポンサーリンク

エッジのお手入れ

滑り終わった後のエッジは、汚れが付いていたりするので、私はまずティッシュで軽く拭き取ってからハンカチなどで拭いています。

家に帰ったら、カバンから出して靴を乾かしています。
完全に乾いてないまま、プラスチックのカバーをつけたままにしてしまったときは、見事にエッジが錆びていました(;´∀`)

やってしまった~((+_+))とショックを受けましたが、少し錆びただけだったので、滑っているうちに落ちました。


良かった良かった(;´∀`)

エッジは金属なので、油断するとすぐ錆びますのでお気をつけください~。 

スポンサーリンク

靴のお手入れ

靴の部分は革でできているので、革靴用の汚れ落としなどでお手入れするのが良いそうです。

私は靴が汚れていたり傷がついている方がかっこいいと思っているので(笑)、ある程度の汚れはそのままにしてます。


靴ひもが汚くなってきたので、それは買い換えようかなと思っています。
買ったばかりの時は靴よりも先に靴ひもが汚れました(笑)

靴ひもは長すぎるとエッジに引っかかったりして危ないので、長すぎる場合は切るか靴を覆うタイプのレギンスやレッグウォーマーで隠すと良いです。


私は靴まで覆うタイプのレギンスを履いているので靴ひもの長さはそのままにしています。

紐が長くて困っている人はこんな結び方どうでしょう。
しっかり締めれる!スケート靴の履き方

エッジの研磨の時期

エッジを研磨するタイミングについてです。

好みのエッジの感じは人それぞれなんですが、私は滑っていて横にずるっと滑るようになったら研磨しています。
あとはエッジで爪を削ってみて、削れるようならまだそのまま、削れなくなったら研磨をお願いしたり。

ずるずるの感じが良いって人もいれば、エッジがガンガンにとがってる方が良いという人もいるので、自分で滑りやすいエッジを見つけていってください(^^)

私は研磨したてだと、ストップが上手に出来なくなり怖いので、研いでくれるスタッフさんに「浅めで」とお願いしてます。

エッジを研いだあとストップが出来ず怖い。という話をスタッフさんにしたところ、じゃあ「浅め」(普通より研がない)にしようかと言ってくださってから、ずっとそうしています。

もうそろそろ研磨したてでも出来るだろうと、こないだ普通に研いでもらったら、やっぱりスットプが怖かったです(^^;)

研磨なら小杉スケートさんがオススメ

エッジの研磨は小杉スケートさんでやってもらえます。

アーティストプラス以上のランクのブレードは、研磨できる人が限られているようなので、店舗でされる際は、お店の人に確認してみてください。

店舗になかなか行けないという人は、郵送(宅配便)でもやってくれます。

ホームページに依頼用紙があるので、それを印刷して記入し、ダンボールに靴を詰めて送るだけです。

エッジの研磨の加減も記入する欄があります。

土日や年末年始は混み合うみたいですが、だいたい1日ぐらいで返ってきました(^^)

スケート靴・用品の小杉スケート研磨のコーナー

 

参考になれば嬉しいです。

コメント