【フィギュアスケート】フォアクロスにおける5つのポイント【練習】

スポンサーリンク

こんにちは。まゆこです。

スケートを習って最初につまづく大きな壁…それは…

「フォアクロス」

これが出来るまでに一体どのくらいの時間を費やしたか…

特にフォアクロスの右回りは、何度も何度もつまづいて転んで、お膝に青たんを作る日々でした。(要するに下手くそ)

ですが、こんな私でもクロスのポイントをしっかり意識してやれば、体がぐらつくことがなくなり、転ぶことが減り、恐怖心が少なくなりました。MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

スポンサーリンク

綺麗なフォアクロスのための大事な5つのポイント

アイスダンスの先生から、エッジは体を傾けて倒すように言われました。(いつどんなときも)

 

そしてフォアクロスのポイントも教えてもらいました。

  • 頭と肩は水平に保つ(頭が傾くとバランスが取りずらくなる)
  • 体の傾きでエッジに乗る(足首だけ倒さない)
  • 顔は進む方向ではなく、真っすぐ見る(クロスの円に対して直角を見る)
  • 超かかとに乗る!!(これかなり重要!)
  • フリーレッグは伸ばし切る(クロス時の抜き足もしっかり伸ばす)

 

この動画でも、顔は進行方向ではなく、真っすぐ向いています。

そしてしっかりかかとに乗ることで、プッシュもしやすくなり、スピードも出ます。

 

「以上のポイントを守ると怖くなくなるよ~」と先生。

前につんのめる人は、おそらく「かかとに乗れていない」、「肩か頭が傾いている」のどちらかだと思います。
(私は両方。)

 

今までフォアのクロスにかーなーりー恐怖心があったんですけど、

顔を円に対して直角を向く
頭と肩は水平(下を見るな!背筋伸ばせ!)
超かかとに乗る!!!!!

を特に意識してやったら、ホントに怖くなくなりました!!

(まだ右回りはちょっと怖いけど。でも前に比べたら怖さレベルが全然違う!)

 

なんていうか、すごく重心が安定するんですよね。

今まで、足をクロスした後、次に漕ぐときに重心が前に行ってしまい、トウに引っかかって転倒。
みたいなのが多かったんですが、それがほとんど無くなりました。

 

あとは、深いエッジに乗ってスピードを出すことと、フリーレッグを伸ばし切ること。

綺麗なクロスが滑れるようになりたいので、ここを意識して、丁寧に練習したいと思います。

 

 

以上、フォアクロスのポイントでした(`・ω・´)

ちなみにアイスダンスではクロスのことを「ラン」って言います。(豆知識)

コメント