クロスの上達のコツは、丁寧にすること

華麗なるアイスダンス練習記
スポンサーリンク

 

 

こんにちは。

スケートを初めて2年以上経つのに、クロス(フォア、バック共に)がまだまだ下手くそなまゆこです(´Д⊂ヽ

 

特にフォアクロスの右回りは、何度もつまづいて転んでいるので恐怖心がかなりあります(T_T)

 

ですが、こんな私でもクロスのポイントをしっかり意識してやれば、体がぐらつくことがなく、恐怖心が少なくなりました。

 

上達のための練習は、丁寧に確実にやること

ある日、スケート教室でバッククロスを練習していた時に、教室の先生にバッククロスの足が入っていない(ちゃんとクロスされていない)と指摘されました。

 

その時に言われたのが、

「上手に見せようとしてるけどよく見ると出来ていない(スピードだけ出ていて足元がおろそか。エッジに正しく乗れていない)。
上手に見せようと思わなくていいから丁寧に確実にやりなさい
教習所でもスピードが出ているから合格ってのはないでしょ?
一つずつ確認作業をしないと合格しないのよ。それと一緒!!」



バッククロスの足が入っていないのは以前から言われていて、最近良いねって言ってもらえたところだったのですが、それに調子に乗った結果でした(;´∀`)



スピードを出さなきゃって思うと雑になるみたいです。



「正しいエッジに乗る練習のために、バッククロスの練習をしているの。
それなのにそこを無視していたら何の練習にもならない!」

と先生の厳しいお言葉。

 

 

反省( ;∀;)

 

フォアクロスのポイント

 

アイスダンスの先生からは、エッジは体を傾けて倒すように言われました。

 

 

また、クロスのポイントも教えてもらいました。(フォアの時)

 

  • 頭と肩は水平に(頭が傾くと重たいのでバランスが取りずらくなる)
  • 体の傾きでエッジに乗る(足首だけ倒さない)
  • 顔は進む方向ではなく、真っすぐ見る
  • 超かかとに乗る(これかなり重要!)
  • フリーレッグは伸ばし切る(クロス時の抜き足もしっかり伸ばす)

 

こんな感じ

この動画でも、顔は進行方向ではなく、真っすぐ向いています。

 

以上のポイントを守ると怖くなくなるよ~と先生。

 

私は今までフォアのクロスにかなり恐怖心があったんですけど、
顔を円に対して直角を向く・頭と肩は水平・超かかとに乗る、を意識してやったらホントに怖くなくなりました!!

(まだ右回りはちょっと怖いけど。でも前に比べたら怖さレベルが全然違う!)

 

なんていうか、すごく重心が安定するんですよね。

今まで、足をクロスした後、次に漕ぐときに重心が前に行ってしまい、トウに引っかかって転倒。みたいなのが多かったんですが、それがほとんど無くなりました。

 

あとは、深いエッジに乗ってスピードを出すことと、フリーレッグを伸ばし切ること。

 

綺麗なクロスが滑れるようになりたいので、ここを意識して、丁寧に練習したいと思います。

 

 

以上、フォアクロスのポイントでした(`・ω・´)

 

バッククロスについてはまた今度(`・ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

このあいだリンクで、「アイスダンス習ってるの?滑りがダンスの滑りだったから^^。」と声をかけてもらえてめっちゃ嬉しかった~(*´ω`)

 

 

コメント