アイスダンスレッスン・お休み期間

スポンサーリンク

こんにちは。
まゆこです。

コロナウイルス感染拡大の影響により、私の練習リンクは3月から当分の間休館しています・・・。

お休みなものは仕方がないので、需要があるか分かりませんが、お休み期間中の私のトレーニング内容を書こうかと思います(`・ω・´)

 

※注意書き
選手のようなトレーニング内容は一切・・・一切載っていませんので、そのような内容をご希望の方はダイス(村上大介選手)のYouTube見てください。載せときます。
DICESKATES-YouTube
 
柔軟ストレッチ

まずは、お風呂上がりのストレッチ(`・ω・´)

バレエ本を参考に、これは自粛前から毎日(ほぼ)やってます。
大人のための バレエの体づくり 美しさを磨く上達レッスン コツがわかる本

1年でけっこう体柔らかくなりました。
お尻のストレッチとフィギュアスケートで付いた筋肉でなんと、O脚が治ってきました。

お尻の筋肉、大事。

 

朝のラジオ体操

毎朝(ほぼ)のラジオ体操(`・ω・´)

ラジオ体操第一のみ。

やる気?ありますよ?

 

バランスボールに座る

お気に入りのヨギボーのバランスボール(`・ω・´)
筋トレが続かないならバランスボールに乗ればいいじゃない

え?座るだけかって?

はい、座ってスマホ見てるだけですが、何か?

あ、たまに揺れてます(`・ω・´)

 

気が付けば屈伸

バレエダンサーの方のブログで、筋トレするより、膝の屈伸運動する方が良い的なことが書いてあったので、実践してます。

屈伸すると血行が良くなるので、気が付いたら屈伸。オススメです。

※バレエダンサーは踊るための筋肉だけで良いので、無駄な筋肉をつけるな(重くなるから)、という意味だと解釈してます。なので踊って筋肉をつけるのが良いみたい。

 

え?お前はバレエダンサーじゃないだろって?

フィギュアスケーター(アマチュア)ですが、何か?

 

週末のウォーキング

自宅が大きな公園の近くにありますので、そこまでちょこっと散歩…ウォーキングしてます。

ランニングは足の怪我に繋がるって、バレエダンサーの方が言ってました。(※バレエダンサーは膝が外側に向いているため)

え?お前はバレエダンサーじゃn以下略

 

でも!!

ただのウォーキングじゃないですよ!!

ちゃんとトレーナーさんに教えてもらった方法でやってます!!

体の重心を、引き上げたまま歩く方法です(`・ω・´)

  1. 踵をつっくけ、90度開く。
  2. ふくらはぎをくっつける。
  3. その状態のまま、両手を組み上に伸ばす。
  4. 踵も上げながら、思いっきり上に伸びる。
  5. その状態のまま、腕と踵をおろす。

どうですか?
お腹のインナーマッスルが悲鳴上げてますか?

重心が胸の辺りまで上がりましたか?

この状態のまま歩きます。

これは知り合いのトレーナーさんが行われた合同セミナーで教えてもらったのですが、このウォーキング方法、実はもっともっとポイントがありまして。

この方は、ウォーキングでのトレーニングの指導をされてますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。
オンラインでの指導もされています。

 

 

 

えーっと・・・はい、以上です!!(`・ω・´)

以上、筋トレが大嫌い、まゆこのオフアイスのトレーニングでした~。

 

 

 

※苦情は一切受け付けておりません。

が、これだとちょっとあんまりなので、このような記事もご準備いたしました(;^ω^)
自宅で出来るオフアイストレーニング

 

早く滑りに行ける日が来るといいなぁ。

 

コメント